自分を大切にしているかどうかはピンチの時に解る

各種セラピーや心理学では自分自身を愛することを目標とするところがあります。
 
 
私自身、オーラソーマや心理学を学び始めた当初は自分で自分を責めるなんて弱い人がすることだと思ったりしていました。
 
 
自分は健全な心を持っていると思っていたのです。
 
 
でも、学びが深まるにつれて自分を責めていることが普通過ぎて気付いていなかったと解りました。
 
 
 
ちょうどこの頃は会社でのパワハラや離婚など、人生における様々なピンチのタイミングと重なっており
 
常に被害者意識がありました。
 
 
自分を大切にしなきゃね。。。
 
意識しながら、自分を守るという美名のもと、他人を批判ばかりしていたように思います。
 
 
 
結局、他人を否定することを続けていても、一時的に収まることはあっても、怒りや不安が解消されるどころか、その感情はまたやってきました。
 
 
プールに浮き輪を沈めても、勢いよく上がってくるように、また繰り返しやってきて、結局はそこから逃げられません。
 
 
表面的には自分を大切にしているつもりでも
 
ぜんぜん大切に出来ていなかったのです。
 
 
グリーンは自分を俯瞰して観ることに
ピンクは自分を大切にすることに関連


 
苦しいとき、悲しいとき、避けておきたいことがやってきたとき。
 
こんな時に自分自身にどのような態度を向けているのかで
 
自分をどれくらい大切にしているのかが解るように思います。
 
 
 
もし、かつての私と同じように
 
自分を大切に出来ない、苦しい感情が何度もやってくる、ということでお悩みなら
 
お気軽にご相談くださいね。

カラーセラピーとメイクセラピーで内面の豊かさを外面に ~色彩美容心理学研究所・カラーコミュニケーションズ~

色彩美容心理学研究所カラーコミュニケーションズのホームページにお越しいただきありがとうございます。 カラーセラピー(オーラソーマ)、メイクセラピー、マインドフルネスを使ったメンタルヘルスセミナー、各種イベント、個人カウンセリングなど承っています。

0コメント

  • 1000 / 1000