自信を失う魔法の言葉

私も今でもよくありますが

支払請求書などが届くと気持ちが波立ちます。

で、気分を変えるために何か違うことにエネルギーを注ぎ込もうとします。


とりあえず

スマホ見たり
空想したり
誰かと喋ったり
美味しい物を食べたり

嫌な感情を回避するために気分転換な場合もありますよね。

でも、その気分転換が過剰になり、癖になり、無意識の働きで自動的に行われるようになっているとしたら?


知らないうちに
不快でも向き合うべき感情と向き合わないようになっていたら?
 

請求書の例で言えば
遅かれ早かれいずれ対処しなければならないもの。
 

でも、その時(請求書を見たとき)に発生して押し込められた生の感情はどこへ行くのでしょうか。


無意識の回避が続いていくと自分が解らなくなります。

そして自分が何をしたらいいのかが解らなくなります。


イエローは自分の個性に
ゴールドは深い喜びや自信に関連します。



「また今度でいいや」  

は自信を失う魔法の言葉です。



反対に

昔流行った

「(いつやるの?)今でしょ!」

って改めて素晴らしい言葉だと思います。


不快な感情から逃げずに感じていくことは

日々の習慣から変えていく必要があり大変ですが

エネルギーの注ぎ方を上手にやっていきたいものです。


カラーセラピーとメイクセラピーで内面の豊かさを外面に ~色彩美容心理学研究所・カラーコミュニケーションズ~

色彩美容心理学研究所カラーコミュニケーションズのホームページにお越しいただきありがとうございます。 カラーセラピー(オーラソーマ)、メイクセラピー、マインドフルネスを使ったメンタルヘルスセミナー、各種イベント、個人カウンセリングなど承っています。

0コメント

  • 1000 / 1000