メイクアップは罪なのか?

今から15年くらい前。

メイクアップを習い始めた頃
女性の知人にお願いして
スクールに来てもらい
メイクの練習相手になってもらったとき
スッピンをみて驚いた記憶があります。

げっっ!顔がいつもと全然違う…



正直言いまして
この時は
この人は今までメイクで化けていたんだな!
というネガティブな意識でした。


学生時代は周りの女性はほぼスッピンだったし
社会人になった当初は基本的に化粧後の女性しか関わらない。

フルメイクのビフォア&アフターをまともに見たのはその時が初めてでした。


この時の衝撃は今でも鮮明に覚えています。

眉毛はないし
目の下にクマはあるし
頬にシミはあるし
唇は血色はないし

日頃から人の粗探しばかりしていたからか
スッピンになって失われた幻想に目を向けていました。

メイクアップの飾ることばかり意識していて
カバーすることには否定的だったのです。


今の私みたいに
スッピンの「素材」の中から良いものを探すより

騙すのは良くない!

みたいな感じで
否定的に観ていたのでしょう。

女性の価値を外見だけで判断していた証拠ですね^^;


こんな私ですから
メイクアップを嘘つきの手段としてではなく
夢のあるツールとして認識するには少し時間がかかりました。


今では
カラーセラピーに関連付けて
選ばれた色ではなく選んだ色から
内面の、心の、性格の美しさを表現するツールとして活用しています。


メイクはフェイクではなく
カバーも含めて
美しくなるためのもの。

美しさ=豊かさ です。

あなたの中の豊かさを見つけにいらしてくださいね^ ^

カラーセラピーとメイクセラピーで内面の豊かさを外面に ~色彩美容心理学研究所・カラーコミュニケーションズ~

色彩美容心理学研究所カラーコミュニケーションズのホームページにお越しいただきありがとうございます。 カラーセラピー(オーラソーマ)、メイクセラピー、マインドフルネスを使ったメンタルヘルスセミナー、各種イベント、個人カウンセリングなど承っています。

0コメント

  • 1000 / 1000