余計なこと言わなきゃ良かった

相手と仲良くなるために
相手に好かれるために
相手を笑わせるために

必要以上に何かを言ったことで嫌われた経験はありませんか?


私もよくウケ狙いで
一言付け加えて
スベってしまい、空気が凍りついてしまうと

今のは言わなきゃよかった(^^;;

と思ってしまいます。



そんな経験があると
期待していたレスポンスがない場合、
あ、今の言葉は余計だったな
怒らせてしまったかな
嫌われてしまったかな

と心配になることがありますよね。


しかも
私はそれをいつまでも考えて
ずっと後悔するのが特技でした。


私は目上の人、特に権威ある人対して
余計な一言を言って嫌われてしまった経験があり
そのような人に対して
最初は余計なことを言わない癖が身についています。



なので、最初は相手からは
面白味がない
距離を感じる
と思われることがあります。


ロイヤルブルーは権威に
ターコイズは自分らしいコミュニケーションに関連


最初は距離があるけど
私が面白い奴だってことはそのうち解ってもらえるだろうし
解ってもらえなくていつまでも否定してくる人がいるなら
それは相手の受け止め方に問題があると思うようになってから
とても楽になりました。


相手の顔色を伺い過ぎるって
相手の機嫌や考え方まで背負うことになります。

本当はそこまで合わせる必要はあるのでしょうか。


極論を言うと相手が家族であっても
支えあったり思いやりを持つことは必要でも
相手の人生まで背負う必要はないはずなのです。


また
養育が必要な子供や介護が必要な親でも
全てを背負ってあげる責任はないのです。


精神的な自立とは自分で自分の責任を果たすこと。

それがお互いの関係をより良くしていきます。


カラーセラピーとメイクセラピーで内面の豊かさを外面に ~色彩美容心理学研究所・カラーコミュニケーションズ~

色彩美容心理学研究所カラーコミュニケーションズのホームページにお越しいただきありがとうございます。 カラーセラピー(オーラソーマ)、メイクセラピー、マインドフルネスを使ったメンタルヘルスセミナー、各種イベント、個人カウンセリングなど承っています。

0コメント

  • 1000 / 1000